リノベーション バリアフリー


光が丘のチークハウス


快適な老後の住まいが子世帯と味噌汁の冷めない距離に実現


光が丘のカリンハウスのクライアントが、古くなった一戸建に住む母親を呼び寄せ、

中古マンションの最上階をリノベーションしました。

チーク無垢材や漆喰、大理石を使用し、重厚かつ高級感のある落ち着いた仕上がりになりました。

床の段差は極力なくし、天井には断熱材を入れ、主な建具も引戸として、手摺も適宜設置可能にしています。

コンパクトでバリアフリーな空間が、子世帯と味噌汁の冷めない距離に実現しました。


設計:村上建築設計室

施工:モノリス秀建

高級リノベーション


住宅設計・別荘設計・店舗設計・マンションリフォーム・スケルトンリフォーム